西郷どんはこういう人だった!

明治維新のヒーロー西郷どん

フナミちゃん
ねーねー、
西郷隆盛ってやっぱりモテたのかな?
なた豆おじさん
急にどうしたんじゃ?
フナミちゃん
あんなに男らしくてやさしい人は
今の時代にはなかなかいないわよね~。
なた豆おじさん
フナミちゃんは西郷隆盛のことをよく知っているのかい?
フナミちゃん
もちろん!学校で勉強したもの。
西郷さんって犬を連れてる人よね?
なた豆おじさん
ふむ。それは銅像のイメージが強いかもしれんな。
ちなみに、犬は薩摩犬で名前は「ツン」と言うんじゃよ。
フナミちゃん
ツン!へ~なんかカワイイ!
西郷さんは、西郷どんって呼ばれてるよね。
「おいどんは~」て言うからかな?
なた豆おじさん
フナミちゃんも知っている通り、西郷隆盛は鹿児島ではとっても人気があるんじゃ。
今でもその人柄や教えを慕う人が多くて、ヒーロー的な存在なんじゃよ。
だから地元では親しみをこめて「西郷どん」(せごどん)と呼ばれているんじゃ。
フナミちゃん
やっぱり見た目がもういい人そうだもん❤︎
明治維新を成し遂げたヒーローだもんね。
なた豆おじさん
薩摩出身の明治維新を成し遂げたヒーローであることはもちろんじゃが、
それだけではない!
ちなみにフナミちゃんには座右の銘はあるかな?
フナミちゃん
座右の銘・・・あ、そうだ!
生きているだけで丸儲け!!
なた豆おじさん
誰かが言っていたような・・・
でもフナミちゃんらしいのぅ。
西郷隆盛の座右の銘は知っておるかな?
フナミちゃん
あ、なんか聞いたことあったような、なんだっけなぁ・・
笑う門には福来る?継続は力なり?
なんか違うような・・・
なた豆おじさん
漢字4文字の言葉じゃ。
では答えを言おう! 西郷隆盛の座右の銘は・・・

敬天愛人

フナミちゃん
けーてんあいじん??
え、あいじんをつくれってこと!?
なた豆おじさん
「天を敬い人を愛する」ってことじゃ。
西郷隆盛は敬天愛人の精神を持っていて、
そこで人を惹きつけ男女問わず人気があるんじゃよ。
フナミちゃん
よかったー一瞬チャラい人だと思っちゃった!
やっぱりステキ~❤︎
なた豆おじさん
なんと、生涯で3度も結婚したんじゃ。
フナミちゃん
え!そんなに!?何かスゴイ!
でもやっぱりモテるってことなんだね。
写真の通り実物も男らしくてカッコよかったんだろうな~。
なた豆おじさん
西郷どんは、身長180cmで体重は100kgを
超えていたと言われているからの。
今でいうお相撲さんのようと言えば分かりやすいかの。
フナミちゃん
そうなんだぁ~幕末の日本人の平均身長が150cmとか155cmとか
言われているもんね。だいぶ大きかったってことだね!
今の時代で言えば200cmくらいの人って感じだもん。
なた豆おじさん
フナミちゃん、そういうことには詳しいのぅ(笑)
フナミちゃん
あの写真の表情が男らしいのよねぇ~
こういう人近くにいないかしら❤︎
なた豆おじさん
フナミちゃんはよく教科書とかに載っておる
あの写真が実物だと思っておるのか?

西郷隆盛の顔は??

フナミちゃん
え?違うの!?
だって西郷隆盛っていったらあの写真が有名じゃない!
なた豆おじさん
残念ながら、西郷隆盛は写真嫌いで有名だったから、実物の写真がないんじゃ。
理由は諸説あるが、暗殺を恐れた周囲が写真を残すことを
許さなかったのではとも言われておる。
フナミちゃん
え?じゃあ、あの写真はなんなの!?
なた豆おじさん
あれは肖像画じゃ。肖像画は数多くあるぞ。
一番有名で多くの人が目にした事がある肖像画は、
イタリア人の画家キヨッソーネという人が描いたものじゃよ。
フナミちゃん
え~残念~・・・モテモテの西郷さんのお顔見てみたかったな~。
でも、西郷どんのことが段々分かってきたわ。
ヒーローには変わりないわね!
なた豆おじさん
ふぉっふぉっふぉ。
まぁ今の時代のヒーローはわしじゃがな!
フナミちゃん
・・・。
男女ともに人気があって、明治維新のヒーローかぁ。
何だか恵まれていて嫉妬しちゃうなぁ。
なた豆おじさん
いやいや、恵まれていたとは言えんぞ。
西郷どんは、食べる物にも困るような貧しい
下級武士の家に生まれたんじゃ。
フナミちゃん
え?生まれた時から恵まれていた訳じゃなかったの?

波乱万丈の人生

なた豆おじさん
貧しい下級武士の家に生まれ、そこから学問に励み、
藩主の島津斉彬に見出された。
そして庭方役という今で言う秘書になれたまでは良かったが・・・。
フナミちゃん
すごい勉強したんだね。
私と同じで!!
なた豆おじさん
・・・。
斉彬が死後は不遇の時代となり、2度も島流しにあったんじゃ。
そこは、雨が吹き付けるほどの粗末な牢獄だったと言われておる。
フナミちゃん
牢獄には入りたくない・・・。
なた豆おじさん
そこから薩摩藩に復帰して、長州藩と薩長同盟を結び、
倒幕・開国へと突き進んでいったんじゃ。
しかし!
フナミちゃん
まだ何かあるの!?
なた豆おじさん
新政府では幼なじみである大久保利通らと対立してしまい、
職を辞して鹿児島に帰ってしまったんじゃ。
フナミちゃん
せっかく新政府の役職についたのに、辞めてしまったのね。
それからは、鹿児島でゆっくり暮らしたのかな。
なた豆おじさん
いやいや、鹿児島の西郷どんの元には、
新政府の武士層解体政策に不満を持つ士族たちが集まった。
フナミちゃん
あ!その後西南戦争が起こったんだ!
なた豆おじさん
その通りじゃ。
西郷どんは1877年に自分が首領となり、鹿児島士族達と、
後に西南戦争と呼ばれる大規模な反乱を起こしたんじゃ。
フナミちゃん
「いやな内乱(1877年)、西南戦争」
って学校で教わったわ。
なた豆おじさん
そして最後は、
追いつめられた西郷どんが鹿児島の城山で自刃したと言われておる。
49才だったそうじゃ。
フナミちゃん
ううう~~(涙)
でも最後まで、西郷どんは薩摩のリーダーだったのね。
薩摩の人たちに今でも愛されている理由が分かった気がする!
なた豆おじさん
生涯を天命と仁愛に捧げた西郷どんを見習って、
おいどんも男女ともに愛される人を目指すでごわす!
フナミちゃん
どうしたの、急に・・・
なた豆おじさん
フナミどんもまずは、1回目の結婚目指して頑張るでごわす!
フナミちゃん
余計なお世話よ!

▶️西郷隆盛を堪能できるスポット