【グルメシリーズその6】鹿児島が生んだロングセラー菓子「ボンタンアメ」

「ボンタンアメ」って食べたことある?

 

フナミちゃん
ねえねえ、2人とも。
これ一緒に食べない?
なた豆おじさん
おお。これは、また懐かしいものを。
一体どうしたんじゃ?
フナミちゃん
町内の行事に参加したら貰ったの。
…ほらほら、手出して。
なた豆おじさん
おお。これじゃ!この味じゃ。
最近は「兵六餅」ばかり食べておったが、
相変わらず美味しいのぅ。
フナミちゃん
「兵六餅」?

なた豆おじさん
「兵六餅」はボンタン餅の姉妹商品でのぅ、
スーパーなんかじゃ隣に並んでることが多いんじゃが、
こんなパッケージ見たことないかい?
フナミちゃん
えっ!見たことある!
渋いパッケージだな~って思った記憶あるもん。
なた豆おじさん
ボンタン飴とそっくりな見た目じゃが、
これは、白あん・きな粉・海苔粉・抹茶を使った、
「和」な飴なんじゃよ。
フナミちゃん
へえ~!色々あるのね。
…って今、包装紙ごと食べなかった!?
なた豆おじさん
これは「食べられる包装紙」なんじゃよ。
オブラートで出来とるんじゃ。
フナミちゃん
オブラートって粉薬を包む時に使うやつ?
…なんだ、ビックリした。
なた豆おじさんボケちゃったのかと思った~。
なた豆おじさん
こりゃ!
わしは、まだボケちゃおらんぞ。
フナミちゃん
でもさ、なんでオブラートなんだろ。
理由がないと、わざわざしないよね?
なた豆おじさん
食べてみたら、
その理由が分かるかもしれないよ。
フナミちゃん
そうね。まずは食べてみないと。
…んっ!思ったよりソフトな食感。
それに、ちょっと歯にくっつくかも。
なた豆おじさん
もうほとんど答えが出とるじゃないか。
フナミちゃん
え?今のどこに…
あっ!「くっつく」ってとこかな。
なた豆おじさん
ご名答じゃ。ボンタンアメには「もち米」が入っとるんじゃが
紙だとくっつくんじゃよ。それを解消するために、
オブラートにしたというわけじゃ。
フナミちゃん
なるほど!オブラートにしちゃえば、
そのまま食べられるし、一石二鳥じゃん。
なた豆マン
だけど、意外と知られてなさそうだよね。
フナミちゃん
ねー。パッケージの裏にでも
書いてくれたらいいのに。
なた豆おじさん
ん?書いてあった気がするんじゃが…
ほら、ここじゃ。
フナミちゃん
…小さっ!
なた豆おじさん、よく気付いたね。
こんなとこ全然見てなかった。
なた豆おじさん
消費者の小さな疑問は、大体書いてあるもんじゃよ。
あとは、そこに気づくかどうかじゃのぅ。
フナミちゃん
おお。説得力ある~!
「亀の甲より年の功」って感じで、さすが!

そもそも「ボンタン」って何?

なた豆マン
…で、初めて食べたボンタンアメは、
どうだった?フナミちゃん。
フナミちゃん
それが、本物を食べたことないから、
どうって言われてもって感じで。
なた豆マン
あれ?そうだったんだ?
ん~とにかく甘さと酸味のバランスが
ちょうどいい柑橘系だよ!うん!
フナミちゃん
うわっ。諦めた。
…なた豆おじさん教えて~。
なた豆おじさん
フナミちゃん
文旦は知ってるかい?

フナミちゃん
知ってる!大きくて黄色い柑橘系よね。
外皮が厚いから剥くのちょっと大変だけど、
美味しくて好きー!
なた豆おじさん
「ボンタン」も文旦のことでのぅ。
九州での呼び方なんじゃ。
フナミちゃん
えっ?じゃあ食べたことあるよ。
…本物と比べると甘いけど、
このほんわかした甘みがいいよね。
なた豆おじさん
素朴な味わいだからこそ、
息の長い商品なんじゃろうな。

長く愛され続けるボンタンアメ

フナミちゃん
「息の長い」って、どのくらい?
なた豆おじさん
確か…発売は大正13年だから、
約100年くらいじゃのぅ。
フナミちゃん
ひゃ、100年!?
レトロなパッケージだから、昔からあるんだろなとは思ったけど、
まさか、そんなに歴史があるなんて!
なた豆おじさん
言うならば、フナミちゃんのお母さんはもちろん、
おばあちゃんも知ってるお菓子ってことになるのぅ。
フナミちゃん
現在も売られてるお菓子で、
幅広い世代の人が知ってるお菓子って、なかなかないよね!
なた豆おじさん
そうじゃのぅ。
それこそが、ボンタンアメが日本中で長く愛され続けてる、
なによりの証拠じゃろうな。
フナミちゃん
いつも目新しいお菓子ばっかり食べちゃうけど、
古き良きお菓子も美味しいんだなって、
食べてみて改めて思ったよ。
なた豆マン
世代を超えた話のネタにもなるしね。
フナミちゃん
…そうだ!残りを持って帰って、
家のみんなに「ボンタンアメ」のこと聞いてみようかな?
なた豆おじさん
それは、いい考えじゃ。
後日またその話の続き、聞かせておくれ。
フナミちゃん
もちろん!